ご相談から建物が完成するまでの基本的な流れは、下記の通りです。
ご不明な点がございましたら、お問合せください。

 1.ヒアリング

 弊社に興味をお持ちいただき、お客様からお問い合わせいただけましたら、まず始めに、お客様と直接お会いして、お客様の住まい(ご計画)に対するご要望、ご予算、スケジュール、ご計画の土地の状況等をお伺いします(お手数ですが、計画地の資料をお持ちください)。


 お客様と直接対話させていただく事で、計画に対する思いを共有し、よりよい建物づくりを目指して参ります。


 また、土地が決まっていない場合は、土地探しからお手伝い出来ます。



 このご相談に関しましては、費用は発生いたしません。お気軽にご相談ください

 2.調査・企画業務委託契約



お話をさせていただき、お客様に「弊社にプランを依頼しよう」というお気持ちを持っていただけましたら、ファーストプランを行うにあたり「調査・企画業務委託契約」を結ばせていただきます。これは、ファーストプランに対するご契約という風にお考えください。



 ファーストプラン料としまして、5万円(税別)をお支払いいただきます。ファーストプランをご検討いただき、「設計・監理業務委託契約」に至った場合は、この金額を設計・監理料の一部として充当させていただきます。
(規模が大きな計画の場合のファーストプラン料は、内容により変わりますので、ご相談ください)

 3.ファーストプランのご提案



 ヒアリングにてお聞きした情報を元に、プランニング作業を開始致します。プランニング作業の第1段階として、土地を拝見します。


 実際に土地を見て検討する事で、どのような形の建物にすればよいか、どこから光を取り込めばよいのか、どのくらいの寸法にするか、どのような素材を使えばよいか等のイメージます。


 ファーストプランがまとまり次第、いよいよお客様へのご提案となります。図面はもちろんですが、模型も製作し、ご提案させていただきます。

 4.プランの調整・変更



 ファーストプランの内容がお客様のご満足いく内容でしたら、設計契約をさせていただきます。ですが、1回目のご提案で全てお客様にご満足いただける事は、なかなか難しい事です。よって、プランの調整または変更が必要となります。ファーストプランでお客様が満足いかない点をお聞きし、それをフィードバックして、プランを調整・変更していきます。この作業は、お時間の許す限り、お客様の満足いくプランになるまで行い、1回で済む場合もあれば、数回かかる場合もございます。

プランは、建物の空間を形作る骨格です。

 いくら良い材料を使って仕上げても、プランがおかしくては、完成した建物の満足度が半減してしまいます。それほどプランというのは、重要なものであります。よって、プランの調整を何回も行うのです。場合によっては、全く違うプランをつくる事もあります。
 最終的に、お客様とイメージを共有できるプランが出来たら、プランニング作業終了です。

 ファーストプラン調整には、費用は発生いたしません。ファーストプランが大きく変更した場合、再度、プラン費用を頂戴する場合がございます。

 5.設計・監理業務委託契約



 プランが決定しましたら、弊社と「設計・監理業務委託契約」を結んでいただきます。
 「設計・監理業務委託契約」とは、端的に言いますと、「設計=建物をつくる図面等を製作する事」と「監理=図面通りに現場が作られているかをチェックする事」の委託を受けるという事です。


 「設計」と「監理」を合わせてお引き受けする事で、お客様にご満足いただける、よりよい建物づくりが可能です。



 設計・監理業務委託契約時に、設計・監理料全体のうち20%(設計料全体の2/10)をお支払いいただきます。
 この時点で、ファーストプラン料5万円(税別)を差し引き致します。


 ☆設計・監理料の料率・詳細につきましては、「Fee」の項目でご確認ください。

 6.詳細の打合せ(実施設計)



 「設計・監理契約」が終了しましたら次はプラン検討時に大まかに決めてあった、内部・外部仕上げや照明、設備、作り付け家具等の詳細の打合せに入ります。この作業もプラン検討に続き、重要な作業となりますので、お時間の許す限り、お打合せを重ねていきます。

 ここでも大事な事は、お客様と弊社とのイメージを共有する事です。



 お客様に内容をご理解いただけるよう、詳細図や実物サンプル等をご覧いただき、コスト面も含めて、ご検討いただきます。


 また、並行して、建物の構造計算作業も行います。

 7.実施設計完了・見積り出し


 最終的に決定したプラン・詳細内容を元に、設計図書を完成させます。


 お客様に設計図の内容をご確認いただいた後、工事見積りを施工会社に依頼します。見積り金額・内容を比較検討できるように、通常、3社程度で相見積りをとります。見積りを行う施工会社については、弊社から推薦致しますが、お客様からご紹介いただいても結構です。


 また、一般的にこのタイミングで、建築確認申請等の諸官庁手続きを行います。



 実施設計完了時に、設計・監理料全体のうち50%(設計料全体の5/10)をお支払いいただきます。

 8.見積り調整・業者選定


 2週間程度で各施工会社から見積りが出ますと、弊社で見積りのチェック作業に取り掛かります。


 図面に書かれている材料の見積りもれがないか、仕様・数量が正しいか、単価が適正か等を確認致します。総体として適正か確認を行い、同じ仕様の建物をより安価で建設できるよう、施工会社と交渉を行います。
 お見積り精査の結果をお客様にご提示し、ご予算との差が発生する場合は、仕様の調整・変更を含め、ご予算内に収まるよう調整を行います。


 設計施工を一体で行いますと、見積り金額のチェックが甘くなりがちです。弊社は、お客様にとって一番大事な金額のチェックを、お客様の立場に立ってチェック致します。

 9.工事契約・着工





見積り調整が完了し、建築工事費が決定致しましたら、施工会社と「工事請負契約」を結んでいただきます。合わせて最終的な、工事工程表をご提出致します。
 契約が完了致しますと、いよいよ工事の着工となります。
 着工前に、地鎮祭をとり行う事が慣例です。



 工事契約時に、設計・監理料全体のうち10%(設計料全体の1/10)をお支払いいただきます。

10.現場監理


 現場が始まると、私どもは現場監理を行います。


 工事が図面通りに作られているかはもちろん、設計段階では想定できなかった問題への対応等、週に1回以上、お客様の代理人として現場をチェックして参ります。時には、お客様に直接現場に足を運んでいただいて、ご一緒に打合せさせていただく事もございます。


 見積りチェック同様、現場監理も、私ども設計事務所は、お客様側の立場に立ってチェックを行います。


 よりよい建物を作り、お引き渡しの際にお客様にご満足いただく為の重要な作業です。

11.竣工・お引き渡し



 諸官庁の完了検査、設計事務所・施工会社の竣工検査の後、最後にお客様にもチェック(竣工検査)をお願い致します。ご指摘を受けた点を手直ししました後、晴れて竣工(完成)・お引き渡しとなります。
 お引き渡しから1年後の施工会社の1年点検には、弊社も立ち会いのもと行います。


 設計事務所(弊社)は、建物が完成したから終わりではなく、建物が完成した後も、お客様とお付き合いさせていただき、施工会社も含め、ご一緒に建物を見守っていきたいと考えております。



 お引き渡し時に、設計・監理料全体のうち20%(設計料全体の2/10)をお支払いいただきます。